• 資料請求
  • お問い合わせ
  • リンク

このページをご覧いただくには、JavaScriptを有効にし、
最新のFlashPlayerをインストールして頂く必要があります。
Adobe Flash Player Download


HOME  >  地中熱利用の家

地中熱利用の家

再生可能エネルギーとして今注目されている「地中熱」。省エネで快適な冷暖房をお届けします。
再生可能エネルギー「地中熱」
省エネで快適な冷暖房をお届け

太陽の熱を受けて大地に蓄えられた「地中熱」。地球環境保全意識の高まりから自然エネルギーの有効活用が求められる今、地中熱ヒートポンプ技術を利用した省エネで快適な冷暖房が注目されています。

地中熱は再生可能エネルギー   低ランニングコスト
太陽の熱を受けて大地に蓄えられる地中熱。枯渇することなく自然に再生されるエネルギーを有効活用します。 豊富な地中熱をヒートポンプで効率よく利用することで低ランニングコストを実現します。
 
CO2排出量削減   ノンストップ暖房
燃料を燃やさず、しかも低消費電力なので、CO2排出量削減にも貢献します。 冬でも温度が安定している地中熱を利用しているので、霜取り運転不要のノンストップ暖房を実現します。
 
ヒートアイランド現象を抑制   夏にも冬にも低消費電力
空気熱源のエアコンと異なり、冷房時は地中に排熱するので、ヒートアイランド現象の抑制に貢献します。 1年を通して温度が安定している地中熱を、高効率ヒートポンプで活用するので低消費電力。オールシーズン節電に貢献します。
地中熱ヒートポンプの原理

地中熱ヒートポンプ技術により、わずかな電気で地中の熱をくみ上げ、屋内へ運ぶことができ、投入エネルギーの約2〜4倍の熱エネルギーを取り出すことができます。
空気熱源ヒートポンプと違い、外気温度が低下しても一定の出力・効率を発揮することができるので、外気温度が低い地域でも、節約・節電効果が期待できます。

地中の温度は季節に関係なく1年を通して一定です。

地下100mの地点では年中15度前後の安定した地中温度を保っています。そのため、空気熱源ヒートポンプ(エアコン)が利用できない寒冷地でも実用的な暖房ができます。また、夏場の冷房も電力の消費が少なくてすむので、節電に貢献します。

地中熱ヒートポンプユニットのしくみ
【冬】暖房時 地中から吸熱
  1. 地中熱用熱交換器を通じて、冷媒(すごく冷たい)は、地中から熱をもらいます。
  2. 熱をもらった冷媒をコンプレッサーで圧縮して高温にします。
  3. 高温になった冷媒はその熱を室内ユニットへ送られる空気に伝えます。
  4. 空気に熱を与えた冷媒を膨張させ圧力を下げると今度は非常に冷たくなります。
  5.  に戻ります。
【夏】冷房時 地中へ排熱
  1. コンプレッサーで圧縮され高温になった冷媒は地中熱用熱交換器へ送られます。
  2. 冷媒(すごく熱い)は地中熱用交換器を通じて、その熱を地中へ排出します。
  3. 地中に熱を与えた冷媒を膨張させ圧力を下げると今度は非常に冷たくなります。
  4. 冷たくなった冷媒はその熱を室内ユニットに送られる空気に伝えます。
  5.  に戻ります。

資料請求・お問い合わせ

資料請求をご希望の方、ご相談をご希望される方は右のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

資料請求フォームへ

お問い合わせフォームへ

Get Flash Player
上の画像が表示されない場合は、
こちらから「Macromedia Flash Player」をインストールして下さい。(無料)


© 2002〜 Yamada Kenchiku Inc.