• 資料請求
  • お問い合わせ
  • リンク

このページをご覧いただくには、JavaScriptを有効にし、
最新のFlashPlayerをインストールして頂く必要があります。
Adobe Flash Player Download


HOME  >  山田建築の耐震性

耐震。かけがえのない家族を守るための、さまざまな工夫が凝らされています。
筋交い(カナダ桧105×52)+ダイライトによる耐震構造
透湿性が高い繊維状多孔質素材

[ダイライトMS]は、無機質原料が繊維状になってからみあった多孔質な特性をもっています。そのため透湿抵抗値は、[ダイライトMS(12mm厚)]が3.0平方メートル・h・mmHg/g、[ダイライトMS(9mm厚)]が2.3平方メートル・h・mmHg/gと少なく、構造用合板の約3倍も優れた透湿性を備えています。

透湿抵抗比較表 ※当社測定
透湿抵抗比較表
吸水長さ膨張率0.10%

優れた寸法安定性も[ダイライトMS]ならでは。12mm厚では24時間吸水の長さ膨張率0.10%・厚さ膨張率1.0%、吸水率7.5%と、構造用合板に比べ吸水による変化が少ないことが実証されています。また、「凍結融解試験(300サイクル)」や「煮沸試験」においても非常に安定しています。

膨張率比較表 ※当社測定
膨張率比較表
壁倍率5.0倍取得の画期的な高強度(12mm厚、木造軸組の場合)

[ダイライトMS]は(財)日本住宅・木造技術センターの水平加力試験において、高い耐震性を発揮することが実証され、12mm厚では軸組工法で壁倍率3.0倍・枠組工法で3.5倍の認定を取得。無機質素材では類がなく、構造用合板(特類)と同レベル以上の耐力があることが認められています。住宅の耐震性の向上を図り、より自由度の高い住宅設計を可能にする高強度外壁下地材です。
壁倍率認定/平成9年 建設省富住指発第9号(軸組工法)・TBFC-9012(枠組壁工法)


資料請求・お問い合わせ

資料請求をご希望の方、ご相談をご希望される方は右のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

資料請求フォームへ

お問い合わせフォームへ

Get Flash Player
上の画像が表示されない場合は、
こちらから「Macromedia Flash Player」をインストールして下さい。(無料)


© 2002〜 Yamada Kenchiku Inc.