ネットゼロエネルギー住宅とは

ZEHとは、住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ以下となる住宅のことです。具体的には、家庭における太陽光発電などでの電気発電量が、家庭電気消費量を上回ることをいいます。
政府は徹底的な省エネルギーの推進を打ち出しています。2020年までに省エネ基準をすべての新築住宅に義務づけ、2030年には標準的な新築住宅をネット・ゼロ・エネルギーハウスとすることを目指しています。住宅を建てるなら、ZEHが普通になる時代がすぐそこまで来ています。
山田建築は、経済産業省が定めるZEHビルダーの登録事業者に認定をうけ、ゼロエネルギー住宅の普及に努めます。

ZEH住宅補助金に関して詳しく見る

 

山田建築のZEH

 

山田建築の桧の家は、高断熱の構造体をベースに、「高性能断熱材フォームライトSL」や「高断熱サッシ」を採用しており、ZEHに必要な断熱基準に対応しています。換気・空調、照明、給湯の省エネアイテムや太陽光発電パネルなど、省エネアイテムと組み合わせることで、ZEHに対応できます。
また、県下初!山田建築だけの技術、「地中熱」を組み合わせることにより、ZEH住宅でも床暖房を実現いたしました!

断熱

家づくりにおいてとくに注意しておきたいのが高断熱による省エネ。

どのような断熱材を使用しているいるかが大切です。

山田建築は高気密・高断熱住宅を実現する

現場発泡ウレタンフォームライトSL

を採用しています。

フォームライトSLを詳しく見る

 

省エネ

自然エネルギーである地中熱の利用や、省エネ効果の高い空調や照明、給湯器などのアイテムを導入し、ZEH基準をクリアします。

地中熱を詳しく見る

 

エネルギーを管理する家庭用システムHEMS

HEMSの名前の由来は、「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略です。役割は家庭で使用するエネルギーを節約するために管理をすること。家電や電気設備と接続して、電気がガスなどの使用量を見える化したり、家電機器の自動制御を行って、何もしなくても自動的に節約することが可能になります。最近は災害対策としてのHEMSの役割が注目されてきました。

創エネ

太陽光発電をはじめとした自家発電システムで、生活に必要なエネルギーを効率よくつくります。

また、太陽光とのW発電もできる、ガスを利用した家庭用燃料電池「エネファーム」と組み合わせることもできます。

 

山田建築のZEH普及目標

※ただいま準備中